スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ミサイルと仮想敵。
2008-10-21 Tue 11:17
 
わたしの近くに、吉田ミサイルと云う一つの苛烈な運命がある。
彼はもしくは彼女は、兎に角もう自分を底まで追い込む外に道がない処に入り込んでいる。
入り込む、潜り込む、隘路の先の細く研がれた穿刺から滴り落ちる鮮血、赤、経血、緋の襦袢。
吉田ミサイルを覆う全ての柔肌は今剥ぎ取られ、その存在はある一人を除いた衆目全てを敵と看做し、牙を剥く。
剥く。
無垢。
真っ白と真っ赤の混線、混信、混濁、濁濁、濁、抱く。
迸るのは吉田ミサイルと云う存在のエキスだ。
衆目全てを愛してしまいそうになるが故に全てに対し敵愾心を燃やす。
吉田ミサイルは闘っている。
吉田ミサイルは戦っている。
吉田ミサイルは、たた、たたた、たたたたたたた。
走り続けるメロス。
無敵のメロス。
アキレス腱にはお気をつけて、そこは絆創膏に覆われ不死身の血を浴びていない。
走り行く先がコキュウトスを突き抜けた底の静謐な世界であるならばわたしの目には好ましい。
往け、疾く往けこの世の果てまで。
再び相見える日を願いながらも畏れながらもやはり願っている。
恐らくはお互いに。

仲良くなるのは簡単だ。
敢えて敵と捉え鍔競り合うのは、その末にある光を見んが為だ。
ひょっとするとそれは闇かもしれないのだが。
闇の中では白と黒の意味が同じになる。
白と赤も同様だろう。
混濁、濁濁、濁、抱く。
互いの白刃朱に染めて、刹那の閃光を求め転げ廻る。

不器用なミサイルがミサイルなりに導いた道ならば。
よござんしょう、受けやしょう。
道は霜月有明にあり。
堂堂巡る同道の輩、喰らうような心持で抱きに行こう。
混濁、濁濁、濁、抱く。




吉田ミサイルのブログ
 
スポンサーサイト
別窓 | イベント/告知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
デザインフェスタ告知。
2008-10-16 Thu 14:42
 
開催までもう間もなくのデザインフェスタですが、ブースナンバが確定致しました。
C-514です。
角地角地。
3つ前のデザフェスで、中野の『団体本部』とアクトロイドの展示をした辺りです。
Design Festa Vol.28は11/8(土)-9(日)の2日間、東京ビッグサイト西館にて開催です。

今回は120cmの人形を新たに制作。
てかまだ出来てませんががが。
あと、妹撮影の人形写真も展示の予定です。
請うご期待。

このところぽつぽつと映画観に行ってます。
最近観に行ったのは『落下の王国』と『わが教え子、ヒトラー』。

『落下の王国』はぞくぞくする画面作りの連続でした。
撮りたくて撮ったんだなぁと云うのがひしひしと伝わってくる作品でした。
イメージの重ね合わせが好きな方にはお薦め。

『わが教え子、ヒトラー』は、原題『『Mein Führer』。
クライマックス手前でこのタイトルに籠められた意味が分かるのですが、ぞわっときました。
基本コメディー。
筋はしっかりしてます。
ヒムラーにしろゲッペルスにしろキャラ崩壊が甚だしいけど実際そうでも違和感ない感じ。
2次大戦終盤、敗色濃厚なドイツ第三帝国の行く末を案じてすっかり自信をなくしたヒトラーに演説を指導する、ユダヤ人役者の話。

Q:「ヒトラーについて知ってますか?」
A:「さけぶひと。」


昨晩は入手以来ばらばらのままガレージに置きっぱなしにしていた螺旋階段を組み上げました。
とても好きなモチーフ。
二重螺旋を孕んだデザイン。
螺旋の永遠性、1:1.616の時間停止。
螺旋階段01 螺旋階段02 螺旋階段03

 
別窓 | 人形/告知 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ○● 上海乗風界水中心 ●○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。