スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
天鍵地錠
2010-05-16 Sun 01:09
DF31.jpg CA331374.jpg

天地は陽と陰。
鍵は陽の象徴、錠は陰の象徴。
古来風水では天は円にして地は方なりという『天円地方』の考え方があった。
鍵穴は前方後円、天地の両性を備え万物に通じる。
少女の右手に癒合した鍵はアンドロギュヌス複合であり、天地の印に封じられた秘法を開示するための起動装置である。
彼女は今この空間から抜け出そうと精一杯その身を伸ばすが、鍵に合う錠が何処にあるのか、それには気付けずにいる。
背後から見守る玉座の主は、彼女にその所在を教えることは出来ない。
ただじっと、見守っている。
見守っている。

http://www.designfesta.com/event/vol31/artists/811.html

別窓 | 人形/報告 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
アリスは雨の日によくトカゲー。
2010-04-28 Wed 23:18
 
mixiの自分コミュ、ちまちまいじっております。
参加くださると嬉しいのです。


この週末は色いろとあちこち巡っておりました。
土曜は渋谷の「マリアの心臓」にて開催の『少女アリス展』初日へ。
オープニングイベントとして、寺嶋さん監督の映画『アリスが落ちた穴の中』の上映と、マメ山田さんのマジックショウがございました。
映画漸くで観られたです。
なかなか折り合いがつかず、都内での過去数度の上映に悉く行かれず臍を噛んでおりました。
印象としてですが、ホドロフスキーの『エルトポ』に通じるところがあったように思います。
って我ながらホドロフ好きだな。
エルトポはもう何回観たか分かりません。

目玉の評判も良かったようで、嬉しい限り。
佐吉さんと交わした人形談義が短時間ながら濃密でした。
あと三浦悦子さんに初めて御目文字仕ったり。
テトラさんがPAやってると思わなかったのでやや驚きました。

90699745.jpg

アリスは雨の日によくトカゲー。の続きを読む
別窓 | 人形/報告 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
デザインフェスタ顛末録。
2009-10-28 Wed 01:39
 
Design Festa Vol.30、無事にと云えば何とか無事にやりおおせました。
ご来場くださった皆さま、ありがとうございましたー。
お逢いできた方もできなかった方もそれぞれに、実り多い週末であったれば幸いです。

初日はモイラが写真を撮ってくれました。
2日目はわたし一人で参加でしたので、携帯でちまちま写真を撮っておりました。
mixi内コンテンツですが、フォトアルバムはこちらです。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=39714265&owner_id=17871375
http://mixi.jp/view_album.pl?id=39846634&owner_id=223528

とりあえずは自分とこのレポートを。
追い追い余所様の展示やらについての日記も書く予定です。


今回もばたばたしてしまいました。
新作人形2体が完成したのは開催初日・土曜日の朝6時半頃でした‥。
制作中に展示素材の竹を割いてたら、鉈が滑って左手の親指がぱっくり行ったりなどもしました。
本番1週間前に出血大サービス。
早急に処置をしたので今はなんとか塞がってますが、一時はどうなることかと思いました。

新作の人形は、両方異形と云えば異形なんですが、うち一体は今までのわたしの作品と並べても突出して異形です。
ほぼ同時にデザインを思いついた今回の2体、作り上げてみたらこんなにも統一感のない人形に仕上がりました。
片方は『太陰』、もう1体は『日輪』。
と、名づけました。
名づけるのは大抵出来上がって展示してみてから。
それまでは名状し難き存在。

先ずは『太陰』。
39846634_3506436545.jpg 39846634_2042638556.jpg
39846634_3156412419.jpg 39846634_3763058085.jpg
お腹に穴が開いてる人形は以前わたしも作りもしましたし他にも作ってらっしゃる方はおられるのですが、自分で中から抉じ開けてるのはまだ見た事ないなーと思ったら作りたくなっちゃいまして。
前作までの人形に比べて関節の取り方を意識して変えてみました。
足首周りのラインなど、納得の行く形に近づいてきました。
表情も柔らかくなったような‥どうでしょうね。

そして『日輪』。
1.jpg 2.jpg
3.jpg
なんか見た感じ宇宙人みたいな。
のっぺりした工芸品のような人形を作りたく思ってデザインした、様な気がします。
気がしますってのはデザインの方が先に下りてきたと云うか凝結したと云うか燒結したと云うか、兎に角完成像が先に浮かんだようにも感じるからでして。
デザインがぼゎーっと発生して、これってなんか工芸品みたいだなー、と思った瞬間に過冷却で固まったような。
この半年粘土に触ることもなしに色んな澱を溜め込んできた結果の産物だと捉えております。
なかなかに愛すべき作品です。

あとは不可視・不可云・不可聴の3体セットを加えた5体構成で展示いたしました。


でまぁ当日そんな時間になっちゃったので寝られるわけもなく、完徹モードでりんかい線直通電車にゴー、withモイラ。
荷造りやらなんやらでばたばたしたので、会場到着は10時手前でした。
できるかどうか出たとこ勝負感の強かったブース設営も11時の開場頃にはなんとか完成形が見えてきて、押しはしたものの12時過ぎに一応の想定像に辿り着きました。


メインイメージは『繭/Cocoon』。
以前胡蝶さんが使ってて気になってた蜘蛛の巣みたいになる綿を大量に仕入れてきて、竹と紐と針金で組み上げたフレームを蜘蛛の巣まみれにしてそこに人形展示。
初日は持っていくのを失念してしまってた看板も2日目には会場で新調しました。
4.jpg 5.jpg
で、サブイメージは『シナプス』『リンパ節』『骨芽細胞』『中空、空中』そして『泡状宇宙』。
人形の内部は空洞、我われの宇宙もあるモデルでは3%の星間物質と97%の空漠とからなるとされている。
生物の体内組織や極相林にも類似した構造が多く見られる。
これらを置き換え想念することは可能だろうか、勿論可能だ、想念とはそうしたものだ。
しかし置き換えるのに言葉では不足、不十分だ。
それを埋めるものはそう。

わたしにとってはそれは、人形なのです。

球体、関節、人形、境界。
相関であり照応であり、反目であり止揚。

これでまたわたしはすっからかんです。
次回のデザフェス、参加は未定。
新しい空気を吸い込むには、肺に溜まったものを全て吐き出すのがよろしい。
そうすれば勝手に新しい何がしかがまたわたしの中に滑り込んでくる。
そうしたものです。


設営完了後は会場内をうろうろしてました、例によって。
覚えてくださってる方もぼちぼちいらっしゃるようで、あちこちで声を掛けていただきました。
ありがたいことです。
2日目はまた人形化して名刺配りマシーンになったりしてたわけですが、お蔭様で年中行事の筋肉痛に苛まれております。

出展の作家さん方とお話して造形の助けになる情報を大量にいただいたり。
ありがたやアリマタヤ。
球体部分の作り込みはかなり楽になりそうです。
実り多き秋となりました。
貰ったものは形にせねばね。
形あるものはいつかは壊れる、とは雖も、壊れるまでは形はあり続けるわけだから。
それは決して無駄な造作ではない。
6.jpg
別窓 | 人形/報告 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
人形の背景。
2008-11-09 Sun 22:23
 
デザインフェスタ、無事に終了致しました。
詳細なレポートは後ほど。
今回の人形のコンセプトなどを先んじて記しておきます。


今回の新作人形はおよそ120cm。
このサイズは、今回盛り込みたかったギミックの要求しようから弾き出されたものです。
サイズありきで作ったわけではないのです。

DF28_01

今回の人形には通常の『眼球』がありません。
虚ろな眼窩から後方に伸びているのは、アクリルの円柱。
導視管、と名づけました。
後方というのがどこまでかというと、後頭部を突き抜けて頭の後ろ15cmまでです。
人形の後ろに回りこんで、そこから眺めることが出来ます。
とても狭く、自分ではほとんど動かせない、『人形の視線』を。
と同時に、『人形として人から見られる』という体験もすることが出来ます。

つまりそれは、わたしが今まで『人形化』のパフォーマンスで体験したものです。
人形化することによって、わたしは様ざまの刺激を入力され、処理の段階で更に様ざまな思考や想念を生み出しました。
それを、他の人にも味わって欲しい。
体験を、共有化するためのツールを作りたい。

それが今回の人形の制作動機です。

彼女の眼球は、彼女を突き抜けて後方まで伸びている。
誰かが覗く時は、その人か彼女の眼球になる。
誰も覗かないときは、彼女の後方に見える世界全てが、彼女の眼球に、なる。


人形の視点を体験する。
そんな不思議な体験を、お届けできたかと思います。
 
別窓 | 人形/報告 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
デザフェス報告的な。
2008-05-22 Thu 16:25
 
写真は別途で。
アルバム作りますので、少少お待ちをば。


Design Festaへの出展、滞りなく‥てほどでもないですが、無事に今回も凌ぎました。
新作人形は結局2体。
しかも片方は当日朝6時に完成、もう一体に至っては会場で組み上げて完成は14時と云う体たらくでした。
いっそのこと開き直って会場での組み上げ作業を公開パフォーマンスとしてみたり。
逆に考えるんだの精神。
見られちゃってもいい、と‥。
 
デザフェス報告的な。の続きを読む
別窓 | 人形/報告 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | ○● 上海乗風界水中心 ●○ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。